観光

灯台に吹き渡る、萌葱の風 入道崎

写真 入道崎01

北緯40度。
男鹿半島北西のキャンバス。

芝生の緑、空と海の美しい青が果てなく続く入道崎。ここは男鹿半島の西北端。北緯40度線にも位置し、それを示すモニュメントも置かれている。ぴったり北緯40度の視点から向こう側を見渡すことはできるだろうか?
入道崎からは男鹿観光遊覧海底透視船が出ており、30分ほどで沖合の岩礁、水島までの間を往復する。近辺には男鹿の新鮮な魚介類を使った料理や、石焼き料理を楽しめる飲食店が多く並んでいる。食後のデザートとして食べてほしいのがソフトクリーム。しかし、こちらただものではない、「黒い」ソフトクリームである。「黒い」とはどういうことか、その正体は男鹿で取れる竹炭塩とよばれる塩である。近ごろしょっぱいスイーツ自体は珍しくないが、竹炭塩がかけられたソフトは、めったに食べられない。ぜひ一度食べてみてほしい。
日本海に沈む夕陽を見に来る人も多い。秋冬の時期は16時頃~17時半頃が見ごろになる。気温がぐっと低くなるので、服装には注意を。
入道崎は家族、友だち、恋人、一人で来ても楽しめる。あなたは誰と入道崎を訪れるだろうか?
文/秋田大学 小西

写真入 道崎01

インフォーメーション

男鹿駅から車で30分、男鹿半島北西端にあります。「日本の灯台50選」にも選ばれた灯台には灯台資料展示室も併設されていますので、灯台の歴史や知識を知ることができます。
(営業時間:4月下旬~11月上旬の9時~16時/料金:一般200円、小学生以下無料)
また、灯台下の船着き場では海底透視船にも乗れます。
(営業時間:4月下旬~10月末の8時30分~16時30分/料金:大人1100円、小学生550円、幼児無料)

写真 入道崎02
入道崎
〒010-0675 秋田県男鹿市北浦入道崎 昆布浦
駐車場から5分ほど歩く。

関連記事

  1. 写真 赤神神社 赤神神社に神がいた
  2. 八郎潟を一望できる。雲の上から高見の見物、寒風山
  3. なまはげがやってくる~真山神社
  4. 写真 やまぶつけ1 地元愛に満ちたこの祭り
  5. 写真御座石神社03 秋彩~旅を楽しむ3 御座石神社
  6. 写真 赤紙神社伝説02 赤神神社伝説
  7. 写真 武家屋敷 夏 角館の武家屋敷(1)
  8. 男鹿の怪獣は 夕日をバックに 炎を吐き出す、ゴジラ岩

おすすめ記事

写真 角館おみやげ 角館に来たら、これがおすすめの土産

唐土庵 【生もろこし三種詰合せ】■税込1,080円■販売店:唐土庵さくら並木店秋田県…

写真 秋大/菅原・野中・伊藤 2017あきじん角館編~編集後記

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】菅原杏菜(役割:トラベルプランナー)今回角館に住む沢…

写真 やまぶつけ1 地元愛に満ちたこの祭り

角館祭りのやま行事角館を語る上で外すことの出来ないのが毎年九月七日から九日まで三日間かけて行われ…

写真 武家屋敷 夏 角館の武家屋敷(1)

角館の成り立ち「みちのくの小京都」とも呼ばれる角館。その始まりは定かではないが、角館の名がはじめ…

写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)

石黒家武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は角館に現存する武家屋敷の中で最も古いものだ。門をくぐる…

写真 武家屋敷庭 特別コラム[守られる角館の町並み]

角館の町並みを守る活動とは?角館武家屋敷は、1620年芦名氏より創られ佐竹北家に…

おすすめ記事

  1. 角館に来たら、これがおすすめの土産 写真 角館おみやげ
  2. 2017あきじん角館編~編集後記 写真 秋大/菅原・野中・伊藤
  3. 地元愛に満ちたこの祭り 写真 やまぶつけ1
  4. 角館の武家屋敷(1) 写真 武家屋敷 夏
  5. 角館の武家屋敷(2) 写真 武家屋敷 秋
  6. 特別コラム[守られる角館の町並み] 写真 武家屋敷庭
  7. 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像 写真たつこ03
  8. 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校 写真潟分校01
  9. 秋彩~旅を楽しむ3 御座石神社 写真御座石神社03
PAGE TOP