観光

男鹿の怪獣は 夕日をバックに 炎を吐き出す、ゴジラ岩

男鹿の怪獣は夕日をバックに
炎を吐き出す。

鵜ノ埼海岸から県道59号線沿いを車で0分。前方にゴツゴツとした岩の岩礁地帯が見えてくる。釣りスポットとして有名な秋田県男鹿半島の南西、潮瀬崎。そこには地元で有名なゴジラ岩が構えている。
3000万年前の火山噴出物でできていて、その下にある泥岩や砂岩は、含まれている化石からみて、海でできた可能性があるそう。波の浸食によって作られた高さ5~6メートルほどの造形はまさに自然の悪戯、怪獣ゴジラ。海辺で口を開き今にもけたたましい声をあげるかのよう。しかもそのゴジラ、昼間に見ても十分見ごたえがあるが、夕日が沈む時間帯に見る背景が真っ赤になり、夕日が岩に重なるとと、まるで炎を吐いているようで見応えあり。

潮瀬崎には駐車場あり、駐車場から見える潮瀬崎灯台へ向かって約3分ほど歩いき、灯台の少し手前で右手を見れば見ることができる。また潮瀬崎灯台の下は小高くなっていて、そこから望む景色も格別。こども連れでもカップルでも、歩きやすい格好であれば気軽に見ることができるのでぜひ一度は見ていただきたい観光スポットだ。
文/二方

インフォーメーション

男鹿駅から車で20分ほど、駐車場はありますが少し岩場を歩くことになりますので、歩きやすい靴が良いです。
夕日に照らされたゴジラ岩を見るには10~1月は午後4時台、2・3・9月は午後5時台、4~8月は午後6時台の時間帯に訪れると良いでしょう。
雨や風が強い日は波が荒れるので注意しましょう。


ゴジラ岩
〒010-0535 秋田県男鹿市船川港小浜 ゴジラ岩
車から降り、岩場を2分ほど歩く。

関連記事

  1. 写真 赤紙神社伝説02 赤神神社伝説
  2. 写真潟分校01 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校
  3. 八郎潟を一望できる。雲の上から高見の見物、寒風山
  4. 写真たつこ03 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像
  5. 写真 入道崎01 灯台に吹き渡る、萌葱の風 入道崎
  6. 環状に広がる 磯の地形や ひろい海岸線。 日本の渚・百選、鵜ノ崎…
  7. 写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)
  8. 写真抱返り渓谷01 秋彩~旅を楽しむ4 抱返り渓谷

おすすめ記事

写真 角館おみやげ 角館に来たら、これがおすすめの土産

唐土庵 【生もろこし三種詰合せ】■税込1,080円■販売店:唐土庵さくら並木店秋田県…

写真 秋大/菅原・野中・伊藤 2017あきじん角館編~編集後記

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】菅原杏菜(役割:トラベルプランナー)今回角館に住む沢…

写真 やまぶつけ1 地元愛に満ちたこの祭り

角館祭りのやま行事角館を語る上で外すことの出来ないのが毎年九月七日から九日まで三日間かけて行われ…

写真 武家屋敷 夏 角館の武家屋敷(1)

角館の成り立ち「みちのくの小京都」とも呼ばれる角館。その始まりは定かではないが、角館の名がはじめ…

写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)

石黒家武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は角館に現存する武家屋敷の中で最も古いものだ。門をくぐる…

写真 武家屋敷庭 特別コラム[守られる角館の町並み]

角館の町並みを守る活動とは?角館武家屋敷は、1620年芦名氏より創られ佐竹北家に…

おすすめ記事

  1. 角館に来たら、これがおすすめの土産 写真 角館おみやげ
  2. 2017あきじん角館編~編集後記 写真 秋大/菅原・野中・伊藤
  3. 地元愛に満ちたこの祭り 写真 やまぶつけ1
  4. 角館の武家屋敷(1) 写真 武家屋敷 夏
  5. 角館の武家屋敷(2) 写真 武家屋敷 秋
  6. 特別コラム[守られる角館の町並み] 写真 武家屋敷庭
  7. 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像 写真たつこ03
  8. 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校 写真潟分校01
  9. 秋彩~旅を楽しむ3 御座石神社 写真御座石神社03
PAGE TOP