お知らせ

2016あきじん男鹿編~編集後記

【太陽印刷株式会社】石塚(デザイナー)

私は秋田市に住んでいます。近いようで遠い男鹿、秋田市から車で1時間ほどかかる道のりは、足を遠退かせてしまうかもしれません。しかし、男鹿には私たちの知らない発見がまだまだたくさん、ありました。
長い間、秋田県に住んで男鹿の1から10まで知り終わったつもりでいましたが、実際は、100の魅力を隠し持っているのが男鹿の本当の姿だったのです。なにより私は自分の運転で男鹿に行ったのは初めての体験だったのでずっと海沿いの道をひたすら走るのはとても楽しく、日々の疲れが癒されるようでした。これも今回の旅で私が体験した「そこでしか」です。
この旅で私たちが体験したこと、発見したことはどんなに世界中味わえない飛び回っても経験できない、「男鹿」でしかないものだと強く感じました。
「そこでしか」ないものを知るには「そこ」に行くしかないのです。男鹿の「そこでしか」を知った瞬間、貴方の心は何を感じるのでしょうか?

【太陽印刷株式会社】菅原(デサイナー)

「男鹿」といえば何を思い浮かべますか。
私はなまはげや水族館です。恥ずかしながら生まれも育ちも秋田なのにこれしか思い浮かばないとは……と改めて自分の視野の狭さに気付きました。なので、今回の体験は凄く、充実したものでした。九百九十九段の石段を登ったり、なまはげの文化や由来を知ったり、揚げたてのコロッケや挽きたてのコーヒーを飲んだりしました。実際にさまざまな体験を通して魅力的な場所を新たに発見でき、また、その土地で働く人々の熱い思いを聞くことができました。
この本を手に取った貴方は読み終えて、どんな思いを抱いているのでしょうか。少しでも男鹿に興味を持っていただけたら幸いです。また、幼い時に訪れた場所に行ってみてはいかがでしょうか。私が感じたように再発見をすることもあるに違いないと思います。時代が変わるようにその土地も変化していきます。しかし、人々の熱い志は変わりません。その思いを伝えるべく、私たちも秋田を旅し続けていきたいと思います。

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】岸(文字デザイナー)

秋田といえば、豊かな自然と美味しい食べ物、歴史ある文化と伝統が継承される地域、と県外出身者の私は思っていました。しかし今回の「あきじん」制作によって、この考えがいかに浅かったかを知りました。
取材のため訪れた男鹿は、見渡す限りの青い空と広い海、広大な緑によって私たちを迎え入れてくれました。自然や、長い間受け継がれてきた文化に圧倒されつつ、何よりそこに生きる人々の地域に対する強い思いを感じずにはいられませんでした。人口減少や高齢化が叫ばれ、新しさが追及される中で、この男鹿という地域にあるものや伝統を生かし、どう進化させていくかを考え、懸命に生活する人々の力は、編集する上で私たちの原動力となりました。
秋田市に暮らしていても意外と知らなかった魅力、地域に住む人の思い、そしてその人々を見守り続ける神社。読んでくれた人に少しでも『あきじん』を感じて頂ければ嬉しく思います。「あきじん」を手に取って下さり、ありがとうございました。

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】小西(ライター)

こんにちは、小西です。いくつかの記事を書かせていただきました。
突然ですが、みなさんは自分の地域についてどのくらい知識を持っていますか? 実際知っているようで知らないことの方が多いという人もいるのではないでしょうか。私も秋田県出身ながら、今回取材に訪れた男鹿市でたくさんの知っているようで知らなかったこと、に触れました。
今回「そこでしか」を重点に取材を進めていましたが、予想をはるかに超える「そこでしか」に会うことができ、もっと自分たちの見たもの、感じたことについてみなさんにお伝えしたかったことがあるのですが、時数の関係上泣く泣くカットした部分もあります。
記事には私が感じた「そこでしか」を最大限盛り込んで書いてみたつもりです。後は『あきじん』を呼んだみなさんが実際に足を運んで、私と同じ「そこでしか」はもちろん、各々の「そこでしか」を発見していただく手がかりとなれば幸いです。

関連記事

  1. 写真 秋大/菅原・野中・伊藤 2017あきじん角館編~編集後記

おすすめ記事

写真 角館おみやげ 角館に来たら、これがおすすめの土産

唐土庵 【生もろこし三種詰合せ】■税込1,080円■販売店:唐土庵さくら並木店秋田県…

写真 秋大/菅原・野中・伊藤 2017あきじん角館編~編集後記

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】菅原杏菜(役割:トラベルプランナー)今回角館に住む沢…

写真 やまぶつけ1 地元愛に満ちたこの祭り

角館祭りのやま行事角館を語る上で外すことの出来ないのが毎年九月七日から九日まで三日間かけて行われ…

写真 武家屋敷 夏 角館の武家屋敷(1)

角館の成り立ち「みちのくの小京都」とも呼ばれる角館。その始まりは定かではないが、角館の名がはじめ…

写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)

石黒家武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は角館に現存する武家屋敷の中で最も古いものだ。門をくぐる…

写真 武家屋敷庭 特別コラム[守られる角館の町並み]

角館の町並みを守る活動とは?角館武家屋敷は、1620年芦名氏より創られ佐竹北家に…

おすすめ記事

  1. 角館に来たら、これがおすすめの土産 写真 角館おみやげ
  2. 2017あきじん角館編~編集後記 写真 秋大/菅原・野中・伊藤
  3. 地元愛に満ちたこの祭り 写真 やまぶつけ1
  4. 角館の武家屋敷(1) 写真 武家屋敷 夏
  5. 角館の武家屋敷(2) 写真 武家屋敷 秋
  6. 特別コラム[守られる角館の町並み] 写真 武家屋敷庭
  7. 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像 写真たつこ03
  8. 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校 写真潟分校01
  9. 秋彩~旅を楽しむ3 御座石神社 写真御座石神社03
PAGE TOP