お知らせ

2017あきじん角館編~編集後記

写真 秋大/菅原・野中・伊藤

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】
菅原杏菜(役割:トラベルプランナー)

今回角館に住む沢山の人たちにお話を伺い、溢れんばかりのふるさとへの思いに触れることが出来ました。こうした人々に支えられていまの街並みや自然があるのだと思うと感動と同時に感謝の念が起こります。
秋田にはまだ出逢ったことのない自然や文化、街並みが沢山あって、いつでも私たちを待っていてくれるのだと思います。自分の将来についてなかなか見通しの持てなかった私ですが、今回の活動を経て秋田に住む人々と秋田の魅力を繋げる一助になっていきたいと感じ始めました。どうやってその目標を果たしていくか、私なりの形を見付けるためにこれからもどんどん秋田を探訪し、沢山の「あきじん」と関わっていきたいと思います。

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】
野中佑恵(役割:随筆家)

秋田で暮らし始めて二年半、私の秋田へのイメージは「自然豊かな土地」というものから変わらずにいた。今回学校の授業の中で改めて秋田について知る機会があったのはとても貴重だったように思う。太陽印刷さんのもとで、秋田の魅力、それと共に働くということについて考えられた。
私が思っていた以上に角館の人は自分たちの土地に誇りを持ち、そして大きなぬくもりを持っていた。武家屋敷や品物、食べ物を通してその心意気を感じられた。地元の岩手の魅力ももう一度考えてみたいと思う。
私が将来働くとはどういうことだろうか。わずかに答えが出てきたがまだはっきりしない。来年、自分が誇りを持ち、人のために働きたいと思える職場を見付けたい。

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】
伊藤絢哉(役割:グルメン)

今回、『あきじん 角館編』を編集するにあたって何度も角館に足を運びました。恥ずかしながら秋田県出身であるにもかかわらず、今年が人生初の角館訪問。秋田にはこんなに素晴らしい文化や町並みが残っていたのかと感動したことを覚えています。
食、土産物、文化、自然。角館には心を奪われるものがたくさんありました。それらの背景には関わる人々の郷土への想いや誇りが見て取られ、働くことや地元に残ることの意味を深く考えさせられました。
『あきじん』の記事には、私が角館で感じたすべてが込められています。これを読んだ皆さんが少しでもその想いを感じ取って、角館に足を運ぼうと思ってくださったら幸いです。

関連記事

  1. 2016あきじん男鹿編~編集後記

おすすめ記事

写真 角館おみやげ 角館に来たら、これがおすすめの土産

唐土庵 【生もろこし三種詰合せ】■税込1,080円■販売店:唐土庵さくら並木店秋田県…

写真 秋大/菅原・野中・伊藤 2017あきじん角館編~編集後記

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】菅原杏菜(役割:トラベルプランナー)今回角館に住む沢…

写真 やまぶつけ1 地元愛に満ちたこの祭り

角館祭りのやま行事角館を語る上で外すことの出来ないのが毎年九月七日から九日まで三日間かけて行われ…

写真 武家屋敷 夏 角館の武家屋敷(1)

角館の成り立ち「みちのくの小京都」とも呼ばれる角館。その始まりは定かではないが、角館の名がはじめ…

写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)

石黒家武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は角館に現存する武家屋敷の中で最も古いものだ。門をくぐる…

写真 武家屋敷庭 特別コラム[守られる角館の町並み]

角館の町並みを守る活動とは?角館武家屋敷は、1620年芦名氏より創られ佐竹北家に…

おすすめ記事

  1. 角館に来たら、これがおすすめの土産 写真 角館おみやげ
  2. 2017あきじん角館編~編集後記 写真 秋大/菅原・野中・伊藤
  3. 地元愛に満ちたこの祭り 写真 やまぶつけ1
  4. 角館の武家屋敷(1) 写真 武家屋敷 夏
  5. 角館の武家屋敷(2) 写真 武家屋敷 秋
  6. 特別コラム[守られる角館の町並み] 写真 武家屋敷庭
  7. 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像 写真たつこ03
  8. 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校 写真潟分校01
  9. 秋彩~旅を楽しむ3 御座石神社 写真御座石神社03
PAGE TOP