グルメ

美しい自然。奏でられる音楽と美味しいコーヒー、こおひい工房珈音

田園風景とこおひい工房珈音

国道101号線を北上していると小さな看板が見えてくる。看板に従い、田園風景を眺めながら進むと見える古民家風の建物。「こおひい工房珈音」。落ち着いた雰囲気の店内に流れるゆったりとした音楽。そして白い壁と木を使った店内の中一際目を引くのは、中央に佇む大きな柱。話を伺ってみるとはこの柱は店主佐藤毅さんの3代前の実家で使われていたものであり、100年以上の時が経っているそうだ。そんな歴史を挟みつつ淹れたてのコーヒーを味わいながらお話を伺った。

珈琲と音楽を愛す佐藤毅さん。

店内に置かれている存在感あるコントラバス。その楽器について質問すると佐藤さんは音楽との出会いを語り始めた。
佐藤さんがピアノを習い始めたのは10歳。五里合小学校と五里合中学校(現在は両方とも廃校)に通いながら、周囲の人たちが、高校受験などでピアノを辞めていっても自身は続け、どんどんピアノと音楽の魅力に嵌っていった。そして最終的には秋田大学の音楽科に通うようになったそうだ。大学へ行ってすぐ、ある楽器に出会う。ピアノ一筋でやってきていたが、大学の授業で弦楽器などの楽器の単位を取る必要があり、数ある弦楽器から選択を迫られた。人気のバイオリンは人数が多く学校の備品では足りず自分で買わなければいけない。またチェロはじゃんけんをしなければ……そんな中、誰も手を上げない楽器があった。それがコントラバスだ。全長が成人男性と同じほどのこの楽器は太く低い音が特徴。この出会いが佐藤さんの人生の歯車を大きく回し始める。
コントラバスの魅力に取りつかれた佐藤さん。大学3年生の終わりに休学し、東京へ渡りコントラバスを勉強する決心をする。それから3年間コントラバスを学び、秋田に戻り2年後、秋田大学を卒業。
「こおひい工房珈音」の開業届けを出したのが2006年。卒業してから開業するまでの間、どうやって音楽とともに人生を歩んでいくかを悩みながら、中学校と高校の音楽の講師し、考えていた。故郷を離れ東京で過ごした時間が、故郷の魅力に気付くきっかけにもなった佐藤さん。長男であることもあり、生まれ育った場所で生活するという気持ちが強く、地元の大学 秋田大学を選んだのもその気持ちが大きい。秋田で自分の体の一部にもなった音楽、そしてコントラバスを続けていくには一体どうしたらいいかを悩みだす。そんな佐藤さんを導いたのは大学生時代に出会った一軒の喫茶店だった。

深い味わいとこれからの故郷。

大学在学中に夜遅くまで楽器の練習をした後、立ち寄る喫茶店、その名は「七心亭」。インドを放浪していた店主が経営する店で、インド式に甘く煮だしたミルクティーのチャイが非常に美味しい。佐藤さんはこの喫茶店で出しているコーヒーを飲んで初めて、コーヒーを美味しいと思った。人がいなくなるまで営業していたというこの喫茶店は、深夜まで大学に残っていた佐藤さんの行きつけの店となり、徐々にコーヒーの魅力に取りつかれる。魅力を感じればとことん行動してしまう佐藤さん。七心亭の店主にコーヒーの淹れ方を教えてもらい、自宅にて手網で焙煎を始めるほどのコーヒー通になる。
音楽という歯車のはまった人生にコーヒーという歯車が加わることでさら大きく動き始める。大学を卒業し月日が経ち、佐藤さんが故郷で自分にできることが何なのか悩んだ時、コーヒーに結びついた。当時市場に出回っているコーヒーの質は低かった。コーヒーは焙煎の工程が非常に難しい。佐藤さんはそんな現状に、自分が焙煎を行ったコーヒーを売り出したらもっと美味しいコーヒーを提供できるのではないかと考えたのだ。


佐藤さんが始めに取り組んだのはブログとホームページでコーヒーの専門サイトを作ることだ。2006年開業当時店舗はなく3畳の物置に発砲スチロールで断熱した部屋を焙煎室にし、ネットショップという型で売り出した。
佐藤さんがネット通販という方法を取ったのは、いきなりコーヒーを出して周りの秋田の人に気に入ってもらえるか不安があったから。しかしネットショップで感触を確かめ、実際の店舗をオープンしてみてその不安は希望へと変わりはじめる。ご縁でコントラバスを外に演奏しに行くと、そこで出会った人がコーヒーを店に置いてくれたり買ってくれたり。根気強く続けてきた音楽が人々との繋がりをつくり、コーヒーとも繋がりを作ってくれたのだ。始めは上手くいかなくとも年を重ねるごとに技術がついてくる。焙煎の難しさと楽器の難しさは似ている、そしてどちらも私の表現方法なんです、と佐藤さんは語る。
お店では夏になると「ホタルカフェ」が行われる。今では姿を見る機会が無くなったホタルが見られるとあって、たくさんの人が、店を構えた故郷の五里合集まる。こんなに嬉しいことはない。この場所で美しいホタルを見られるのは、地形的に恵まれているという部分はもちろんあるが、琴川の土地に住み、田んぼを管理している人々がいるおかげである。そんな人々と共に元気で美しい故郷を取り戻したい、守りたい。そんな気持ちでコーヒーを入れ続ける。
そこにしかないもの、それは故郷への想いで挑戦し続ける佐藤さんの存在と、美しい自然。そして奏でられる音楽と美味しいコーヒーだ。

文/石塚・二方

インフォメーション

人の気配が消えた静かな場所でコーヒー豆を挽く音を聞きながら休憩しましょう。
豊かな自然に囲まれたカフェでは、ゆったりしながら美味しいコーヒーを味わえます。
夏の時期になるとホタルが見られるようになり、また一味違ったひと息をつけます。
11月~3月中の営業時間は11:00~16:00になります。
臨時休業などはホームページにて確認できます。

こおひい工房 珈音(かのん)

〒010-0352 秋田県男鹿市五里合琴川前田109
☎0185-34-2470
■定休日:毎週火曜日
■営業時間:11:00~17:00(4月~10月)

関連記事

  1. 写真 さかいや01 「憩い」の八百屋。彩りパーフェクト。
  2. 写真 たかはし食堂 「まごころあげる」おふくろのカツ卵でつつむ故郷の味。
  3. うまうま、ほくほくコロッケ、福島肉店
  4. まっすぐひいて 心ひくそば

おすすめ記事

写真 角館おみやげ 角館に来たら、これがおすすめの土産

唐土庵 【生もろこし三種詰合せ】■税込1,080円■販売店:唐土庵さくら並木店秋田県…

写真 秋大/菅原・野中・伊藤 2017あきじん角館編~編集後記

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】菅原杏菜(役割:トラベルプランナー)今回角館に住む沢…

写真 やまぶつけ1 地元愛に満ちたこの祭り

角館祭りのやま行事角館を語る上で外すことの出来ないのが毎年九月七日から九日まで三日間かけて行われ…

写真 武家屋敷 夏 角館の武家屋敷(1)

角館の成り立ち「みちのくの小京都」とも呼ばれる角館。その始まりは定かではないが、角館の名がはじめ…

写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)

石黒家武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は角館に現存する武家屋敷の中で最も古いものだ。門をくぐる…

写真 武家屋敷庭 特別コラム[守られる角館の町並み]

角館の町並みを守る活動とは?角館武家屋敷は、1620年芦名氏より創られ佐竹北家に…

おすすめ記事

  1. 角館に来たら、これがおすすめの土産 写真 角館おみやげ
  2. 2017あきじん角館編~編集後記 写真 秋大/菅原・野中・伊藤
  3. 地元愛に満ちたこの祭り 写真 やまぶつけ1
  4. 角館の武家屋敷(1) 写真 武家屋敷 夏
  5. 角館の武家屋敷(2) 写真 武家屋敷 秋
  6. 特別コラム[守られる角館の町並み] 写真 武家屋敷庭
  7. 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像 写真たつこ03
  8. 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校 写真潟分校01
  9. 秋彩~旅を楽しむ3 御座石神社 写真御座石神社03
PAGE TOP