文化・歴史

地元愛に満ちたこの祭り

写真 やまぶつけ1

角館祭りのやま行事

角館を語る上で外すことの出来ないのが毎年九月七日から九日まで三日間かけて行われる角館祭りのやま行事、通称「やまぶっつけ」だ。一九九一年に国の重要無形民俗文化財、二〇一六年にユネスコ無形文化遺産にそれぞれ指定され、ニュース等で耳にしたことがあるという人も多いかもしれない。この祭りは地域の繁栄や無病息災などを祈って江戸時代中頃から続く歴史あるもので、毎年このためにわざわざ県外から帰省する人もいるという。
初日には角館神明社、二日目には成就院薬師堂へ各ヤマが参拝しお祓いが行われる。最終日には夕方から数々のヤマが町中を練り歩き、通行の優先権を巡って交渉やぶっつけが白熱する。毎年職人や有志によって作りこまれるヤマは壮大でそこに立つだけで迫力があるが、いざ始まると更に圧が増してくる。上に立つ男衆の掛け声に合わせてぶつけ合うとあまりの勢いに片方がもう一方のヤマに乗り上げてしまうことも。しかし傾くヤマの姿もまた壮観だ。練り歩く際おやま囃子に合わせて舞われる手踊りも美しく、見る者の心を魅了してくれる。
町全体が熱気に包まれる、地元愛に満ちたこの祭り。ぜひ足を運んでその思いと迫力を体感して欲しい。

文/秋田大学 菅原

写真 やまぶつけ2

関連記事

  1. 写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)
  2. 写真 入道崎01 灯台に吹き渡る、萌葱の風 入道崎
  3. 写真 武家屋敷庭 特別コラム[守られる角館の町並み]
  4. 男鹿の怪獣は 夕日をバックに 炎を吐き出す、ゴジラ岩
  5. 写真潟分校01 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校
  6. なぐこはいねが~、なまはげ館
  7. 写真たつこ03 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像
  8. 環状に広がる 磯の地形や ひろい海岸線。 日本の渚・百選、鵜ノ崎…

おすすめ記事

写真 角館おみやげ 角館に来たら、これがおすすめの土産

唐土庵 【生もろこし三種詰合せ】■税込1,080円■販売店:唐土庵さくら並木店秋田県…

写真 秋大/菅原・野中・伊藤 2017あきじん角館編~編集後記

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】菅原杏菜(役割:トラベルプランナー)今回角館に住む沢…

写真 やまぶつけ1 地元愛に満ちたこの祭り

角館祭りのやま行事角館を語る上で外すことの出来ないのが毎年九月七日から九日まで三日間かけて行われ…

写真 武家屋敷 夏 角館の武家屋敷(1)

角館の成り立ち「みちのくの小京都」とも呼ばれる角館。その始まりは定かではないが、角館の名がはじめ…

写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)

石黒家武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は角館に現存する武家屋敷の中で最も古いものだ。門をくぐる…

写真 武家屋敷庭 特別コラム[守られる角館の町並み]

角館の町並みを守る活動とは?角館武家屋敷は、1620年芦名氏より創られ佐竹北家に…

おすすめ記事

  1. 角館に来たら、これがおすすめの土産 写真 角館おみやげ
  2. 2017あきじん角館編~編集後記 写真 秋大/菅原・野中・伊藤
  3. 地元愛に満ちたこの祭り 写真 やまぶつけ1
  4. 角館の武家屋敷(1) 写真 武家屋敷 夏
  5. 角館の武家屋敷(2) 写真 武家屋敷 秋
  6. 特別コラム[守られる角館の町並み] 写真 武家屋敷庭
  7. 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像 写真たつこ03
  8. 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校 写真潟分校01
  9. 秋彩~旅を楽しむ3 御座石神社 写真御座石神社03
PAGE TOP