ひと

特別コラム[守られる角館の町並み]

写真 武家屋敷庭

 

角館の町並みを守る活動とは?

角館武家屋敷は、1620年芦名氏より創られ佐竹北家に引き継がれた城下町であった。広い通り沿いに、炭色の塀が並び樹齢数百年のしだれ桜やモミの木などの木々が伸び伸びと葉を伸ばしている。約400年たった現在もこの町並が残っているのは長い年月をかけて人々が受け継いで守ってきた証拠である。その人々と共に町を守る手伝いをしてきたのが仙北市教育委員会文化財課だ。
行政としては、町並みを守るためにどのような活動をしているか文化財課の山形幸子さんと、村岡耕平さんから話を聞いた。文化財課が取り組んでいることは大きく分けて3 つある。
1 つ目は「街並みの保存」だ。平成13 年3 月に住民組織「角館伝建群保存地区の町並みを守る会」が設立し、武家屋敷の修復や、景観を損なわずに新しい建物を建てるために住民と相談をしている。同時に「北部地区自主防災会」を立ち上げ、そこに住む人々の防災に対する関心が深まるように努めている。
2 つ目は、「樹木保存の取り組み」だ。様々な木があるが特に力を入れているのがしだれ桜である。毎年春になると約400 本が咲き誇り、しだれ桜に包まれた武家屋敷を目当てに観光する人も多い。その美しい桜並木を保つために、文化財課では「桜係」を創り樹木医を中心に桜を守るために柵で囲いを作っている。他には、夏は施肥作業、秋には消毒作業、冬には枝からの雪落としなど一年を通して適切な処理をしているからこそ春に美しい桜を見られるのだ。
3 つ目は、「町の基金と条例」の設立だ。住民の高齢化に伴う空き家の増加、観光地化にすることによって景観に合わない野外の広告物など町が取り組むべき課題が多い。武家屋敷の特色が損なわれることを回避するために市が土地や建物を買い取る財源として「仙北市角館伝統的建造物群保存基金」を設立した。また、タバコの火の不始末を予防するために「仙北市角館伝統的建造物群保存地区路上喫煙の禁止等に関する条例」が制定された。
武家屋敷通りの植物たちは多くの葉を落とすが、その葉が通りに溜まることはない。それは、毎朝地域住民が自主的に掃除をしているからだ。武家屋敷を直している人も、守っている人も、そこに住んでいる人たちだと、彼らは語る。
住民の生活をサポートしながら、この町並みを後世に残していきたい。という彼らの意気込みを感じた。

文/太陽印刷 石塚・菅原

写真 村岡 山形

関連記事

  1. 写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)
  2. 写真たつこ03 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像
  3. 写真 入道崎01 灯台に吹き渡る、萌葱の風 入道崎
  4. 写真抱返り渓谷01 秋彩~旅を楽しむ4 抱返り渓谷
  5. 写真潟分校01 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校
  6. 写真 滑川01 ちっちゃな手作りネコの店 滑川
  7. 環状に広がる 磯の地形や ひろい海岸線。 日本の渚・百選、鵜ノ崎…
  8. 男鹿の怪獣は 夕日をバックに 炎を吐き出す、ゴジラ岩

おすすめ記事

写真 角館おみやげ 角館に来たら、これがおすすめの土産

唐土庵 【生もろこし三種詰合せ】■税込1,080円■販売店:唐土庵さくら並木店秋田県…

写真 秋大/菅原・野中・伊藤 2017あきじん角館編~編集後記

【秋田大学 教育文化学部 地域文化学科】菅原杏菜(役割:トラベルプランナー)今回角館に住む沢…

写真 やまぶつけ1 地元愛に満ちたこの祭り

角館祭りのやま行事角館を語る上で外すことの出来ないのが毎年九月七日から九日まで三日間かけて行われ…

写真 武家屋敷 夏 角館の武家屋敷(1)

角館の成り立ち「みちのくの小京都」とも呼ばれる角館。その始まりは定かではないが、角館の名がはじめ…

写真 武家屋敷 秋 角館の武家屋敷(2)

石黒家武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は角館に現存する武家屋敷の中で最も古いものだ。門をくぐる…

写真 武家屋敷庭 特別コラム[守られる角館の町並み]

角館の町並みを守る活動とは?角館武家屋敷は、1620年芦名氏より創られ佐竹北家に…

おすすめ記事

  1. 角館に来たら、これがおすすめの土産 写真 角館おみやげ
  2. 2017あきじん角館編~編集後記 写真 秋大/菅原・野中・伊藤
  3. 地元愛に満ちたこの祭り 写真 やまぶつけ1
  4. 角館の武家屋敷(1) 写真 武家屋敷 夏
  5. 角館の武家屋敷(2) 写真 武家屋敷 秋
  6. 特別コラム[守られる角館の町並み] 写真 武家屋敷庭
  7. 秋彩~旅を楽しむ1 たつこ像 写真たつこ03
  8. 秋彩~旅を楽しむ2 思い出の潟分校 写真潟分校01
  9. 秋彩~旅を楽しむ3 御座石神社 写真御座石神社03
PAGE TOP